がってん!となり組の取り組み

①利用者さんの「今」を支える取り組み

 
 「がってん!となり組」では、一般の戸建て住宅を改修し、小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、訪問介護、介護福祉タクシーのサービスを提供しています。


 たとえいろんな困った!があったとしても、今までと同じように自分のペースでやりたい事をどんどんやって、いっぱい食べて、たくさん笑って、時々でかけたり・・・
 皆さん一人一人が元気で活気あふれる 「今」を過ごせるよう色々なサービスを組み合わせて柔軟に対応できるよう取り組んでいます。
 
②共育への取り組み 


  私たちは「教育」ではなく「共育」として、一方通行の教え育てるのではなく、
共に育つという事を基本として、新人スタッフからの共育を大切にしています。

 

 介護は対応する利用者さん×スタッフによりその結果が様々に変わります。
絶対の答えはないにせよ、がってん!に来て下さっている利用者さんにどのスタッフも気持ちよく対応できるようにと介護技術の確認・見直し・検討を随時行っています。

 

 

 

がってん!となり組 の想い「本気」「本質」「本物」


 利用者さんは、たまたま介護が必要となっただけです。
今までは私たちと変わらない生活をしていたのが、ある日突然人の助けが必要となり、生活は一変してしまうのです。

 介護保険のほとんどの施設や通所サービスの場合、まるで幼稚園の様な画一的な一日のプログラム、時間どおりの食事等、サービス提供者側の一方的なやりすぎ介護(自立抑制)になっているかと疑問が残ります。

 私たちは介護保険制度以前の院内介護等の経験から利用者さんとの関わり方を試行錯誤をしてきました。

 「がってん!となり組」では、
一人の人間としてどうあるべきかを本気で考え本質を見極め本物を目指しています。
それが私たちの考える姿です。

 「人間の尊厳・利用者本位・自立支援」という言葉にとらわれない、
私たちそのままの姿で利用者さんと過ごしていきたいと考えます。